CMSがない場合のデメリット

CMSがない場合のデメリット

CMSを構築していないホームページには、少なからずデメリットが発生します。

専門知識が必要…SEO対策に不利…運用コストの問題…CMSを構築していないホームページに発生するデメリットをまとめました。

ホームページの運用には専門知識が必要

ホームページを管理・運用するには、HTMLやCSSといった特殊な言語を理解する専門知識が必要です。

CMSを構築していないと、専門知識を持つ人にホームページの管理・運用を依頼しなければなりません。内部・外部問わず、依頼するにはそれなりの費用と手間がかかってしまいます。

CMSを構築すれば、更新作業を内部で行うことができ、費用や手間をかけることなく運用ができるのです。

CMSを構築していないとSEO対策で不利になる

SEO対策として、自社のホームページを検索上位に上げるには、良質なコンテンツを発信することが必要不可欠です。

WEBサイトの見回り版(クローラー)は、日々WEBサイトを見て回って「このサイトは閲覧者によい情報を発信している」と判断されれば、自然と検索上位にあがってくるのです。CMSを構築していない場合、更新を制作会社に依頼しなければならないため更新頻度は下がります。

スマホ対応されていないページは順位が下がります

また、実際にWEBサイトに反映するまで時間がかかるため、タイムリーな更新をすることができません。「インターネット閲覧者にとってよりよい情報を発信する」という観点から、どうしても不利になってしまうのです。

CMSを構築していないと運用コストがかかる

CMSを構築していないホームページの更新には費用がかかります。それはやはり、専門知識を持った人に更新を依頼する必要があるからです。

通常、月額の年単位で更新費用が発生してきます。その上、会社が存在する限り、更新費用はずっと掛かってくるわけですから、このランニングコストを無視することはできません。

CMSを構築するには、通常のホームページを制作するよりは、初期費用がかかります。ただ、会社が存在する限りホームページも存在し、運営が必要なのですから、長い目でみれば、CMS構築に初期費用を投じて、ホームページを更新していく方がお得だと思います。

CMSを構築すれば、更新作業を内部で行うことができ、費用や手間をかけることなく運用ができるのです。

今すぐ無料サービスを使う!

CMS構築なら横浜デザインにおまかせください

3つの無料サービスを今すぐ試しませんか?

まずはお気軽にご相談ください